いずみ歯科ブログ

2015.12.14更新

"いずみ歯科クリニックは、常に老若男女、すべての方に愛され、ご来院していただけるクリニックをめざし、まい進してきました。
患者様が歯医者さんという存在に抱くイメージは、正直あまりよいものではありません。
「痛い」「怖い」「音が嫌い」「何をされるのか分からない」などなど。
あてはまるものが、あるのではないでしょうか?

大人でもこのようなイメージですから、お子様となると尚更です。
私としては「歯医者さん大好き!」と、言って欲しいものですが、そうはなかなかいきません。
そこで当クリニックでは、お子様の治療は「焦らない・怖がらせない」をモットーにして、じっくり時間をかけて行なっていきます。
親御様からすると、じれったいと感じるところもあるかもしれませんが、幼少期に抱いた歯医者さんへの印象というのは、実は大人になっても引きずるケースが多く、意外と軽視できないのです。

例えば、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀さんは、歯を全体的にインプラント治療したことで有名ですが、彼が、そこまで歯が悪くなった経緯はやはり、幼少期に歯医者さんで怖い思いをしてそれ以来、虫歯ができようが何が起ころうが、歯医者さんに行かなかったのだそうです。

少しずつ歯医者さんに慣れて、治療ができるように促していくスタイルを、いずみ歯科クリニックでは大切にしています。
お子様も、最初は遊びに来るぐらいの気持ちで是非、ご来院ください。"

投稿者: いずみ歯科クリニック