いずみ歯科ブログ

2016.01.18更新

"いずみ歯科クリニックの院長、出水です。
今日は、患者様に決して多くはない事例ではあるのですが、でも歯科医師としてもそして患者様としても気をつけていかなければならない事例なので、ご紹介したいと思います。

それは、「痛いはずのないところが痛い」という事例です。
いずみ歯科クリニックでは、患者様の口腔内をしっかりチェックし、きちんと原因を追究して、それに適した治療を、経験豊富な医師と歯科衛生士によって行っています。

つまりしっかり治療が行われ、完治という状況になれば「痛み」というものはないはずなのです。
もちろん、治療後しばらくは痛いことがあります。
そのときも、「●日間ぐらいは痛みがあるとは思いますが」とお話し、痛み止めも処方します。
ここで言うところの痛みは、基本的には正常なものなので大丈夫なのですが、例えば何日経っても痛みが治まらないとか、痛みがあるとは聞いていたが、痛み止めを飲んでも治まらないほどのひどい痛みという場合は、警戒が必要です。
すぐに、いずみ歯科クリニックにご連絡いただき、ご来院ください。

このような時、歯科医師も気をつけてなければなりません。
「痛いはずがない」と思い込んではいけないということなのです。
何か隠れた原因や、別の疾病がある可能性が高いからです。
このような時、いずみ歯科クリニックではさまざまなケースを考えて、その痛みに向き合います。"

投稿者: いずみ歯科クリニック