いずみ歯科ブログ

2016.01.25更新

"親知らずの抜歯経験がある方は多いと思います。
すごい音がしたり、抜歯後に腫れたり痛みが出たり熱が出てしまったりと、いろいろな(嫌な)ドラマが多い治療ですが、その治療を必要とする人も多いです。

この親知らずの抜歯を、普通にできる方も多いのですが、難抜歯になってしまう方もいます。
その症例をお話しましょう。
一番多い親知らずの難抜歯が、親知らずの位置が神経管から近すぎて、普通に抜くことができないというケースです。

この場合、通常は大学病院などに紹介状を用意し、口腔外科で治療をしてもらうのがセオリーなのですが、さまざまなご事情で、どうしても当クリニックでとおっしゃる患者様には、親知らずを動かし、神経管から遠ざけて、そして少し親知らずが揺れている状態を作り出し、抜歯をするという方法で治療を行なっています。

この親知らずの難抜歯は、多くの歯科医師が嫌がる事例ですが、時間をかけて丁寧に対処することで、普通のクリニックでも抜歯が可能になります。
多忙であったり高齢で、大学病院へ行くのは負担が大きいという方は是非、いずみ歯科クリニックへご相談ください。"

投稿者: いずみ歯科クリニック