矯正歯科

矯正歯科とは

歯並びが悪く、上下の歯がうまく噛みあわない状態を「不正咬合」といいます。

矯正歯科は、このような不正咬合をきれいな歯並びにして、きちんと上下の歯が噛み合う状態にする治療です。

あごの骨が成長過程にある子どもの時期に治療を始めることで、正しい骨格形成を促すことができます。正しい咬み合わせにすることで歯の機能を向上させるだけでなく、見た目の印象も良くなります。

矯正治療の流れ

1カウンセリング

今ある、歯や歯並びのお悩み、ご希望をお聞きします。当クリニックでは、無理な診療は勧めませんので、お気にされている点を率直にお伝えください。診察し、矯正歯科治療の可能性についてご説明します。

矢印

2精密検査・診断

レントゲン写真などで、診断に必要な検査をします。 そして、検査結果をもとに治療計画を立てて、内容をご説明します。 当方の診断にご納得の上で受診されるかどうか、ご判断ください。

矢印

3装置装着

歯にあった、矯正装置を製作します。当クリニックでは院長自ら、製作しています。その装置を装着します。2~4週に1回程度の通院で動きに合わせて装置の修理や部品の交換をします。

ゆっくりと時間をかけて歯を動かしていきます。装置の期間は、おおむね1年から2年かかります。この装着の期間は症例や個人個人の状態によって異なります。

矢印

4保定治療

矯正装置を外した後、歯は少しずつ元の位置に戻ろうと動きます。矯正装置をはずし、歯が元に戻らないように保定装置をつけていきます。2年ほどの間、3カ月に1度の通院が必要です。

矢印

5メンテナンス

矯正歯科治療が完了した後も、定期的に検診を行います。歯周病の有無、あごの状態などを半年ごとにチェックします。

噛み合わせの重要性について

歯列矯正は歯並びを改善し、見た目の印象を良くするだけではなく、食べ物をかみ砕く機能の改善や、歯茎などの歯周組織の健康の問題にも大きく関わってきます。

歯並びや咬み合わせが悪いままだと、歯の咀嚼力が低下します。その結果、歯肉や歯そう骨といった歯の周囲の組織にも影響を及ぼします。

また、悪い歯並びのままでは、歯ブラシが良く届かないので、虫歯や歯肉炎になりやすい傾向にあります。

口の中の健康は虫歯を予防や、虫歯を治すことだけでは得られません。

良い歯並びと咬み合わせが加わってこそ、はじめて口の中の健康が得られ、長持ちします。