一般歯科・口腔外科

いつまでも、歯の健康をキープするために

いずみ歯科クリニックができること

一般歯科とはどういった治療でしょうか?

皆さんが歯科医院で受ける治療で、保険適用内で行われることが多く、虫歯の治療や歯周病の治療などよく受ける治療のことです。

当院では、症状が悪化する前に早期発見、早期治療を行い、いつまでも自分の歯で食事を楽しめるように、皆様のお口の健康をサポートしてまいります。

虫歯の原因

虫歯の原因はプラーク+酸

歯の表面に付いた、ヌルリとした汚れを“歯垢(プラーク)”と言います。この歯垢(プラーク)が虫歯の原因となります。“虫歯予防にはプラークコントロールが大切”と聞かれたことはありませんか?

歯垢(プラーク)の正体とは?それは、単なる食べカスではありません。プラークはバイオフィルム(菌膜)の一種であり、細菌と細菌の産物(酸やデキストランなど)が一体となった、白い粘着性物質の固まりのことです。

歯の表面に付着した食物残渣に含まれる糖質が、細菌により分解され酸となっていきます。この酸が脱灰(エナメル質の無機質を溶かすこと)することにより、虫歯が進行していきます。

普段から気を付けること

虫歯は、日々のケアで防げます!

プラークは、歯の表面に付着しているので、歯ブラシや歯間ブラシなどでこすり落とさなければ取り除くことはできません。磨き残しがないように、正しい方法でしっかりと磨くことが大切です。

歯ブラシで届かない箇所は、歯間ブラシなど、さまざまなケア用品を併用するようにしましょう。

当クリニックでは、院長自ら、正しいブラッシング方法を丁寧に指導します。セルフケアと合わせて、プロフェッショナルケアも行います。

毎日のケアでは取りきれない歯石などの汚れは、当院での定期的なクリーニングで取り除くことをおすすめします。

定期検診について

正しいケアが続けられるように定期検診を!

当クリニックでは、治療後も引き続き、定期的なメンテナンスをお勧めしています。治療終了後も定期的(3カ月に1度)にお葉書を出し、フォローを行っています。

せっかく覚えた正しいブラッシングも時間がたつと、磨き残しが増えて、虫歯が出来てしまったという方も少なくありません。 また、歯周病は、本人の自覚症状がないまま進行します。気がついた時には重篤化している場合もあります。症状が軽いうちに見つけて、歯周ポケットが少ない状態、歯ぐきを引き締まった状態に持っていくことが大切です。

お口の中の状態を検査し、客観的に見られる数値をお見せします。歯石があまり付いてなくても、バイオフィルム (菌膜、biofilm)を落とします。定期的に受診することで、傾向的に悪い部分も判明します。

ご自身で口腔内を一番良い状態にしようとすることが、のちの歯の健康年齢を左右させますので、ぜひ、継続して来院ください。

歯周病

歯周病ケアが、歯の健康年齢を長くさせます

歯周病とは

歯周病は歯と歯の隙間の歯周ポケットにたまった歯垢や歯の表面に付着した歯垢に含まれる細菌が原因で発症します。

最初は軽度の出血や腫れにはじまり進行していくと、歯がグラグラしはじめて、食べ物が食べにくくなったり、激しい痛みを引き起こし、最終的には歯が抜け落ちてしまう恐い病気です。

歯周病は歯肉炎と歯周炎の二つに分けられ、歯肉炎は歯茎の腫れや出血を特徴とし、歯周炎は歯肉炎の症状が進行し、骨まで溶けてしまったものをいいます。

歯周病の進行と治療法

進行すると、歯と歯肉の境目(歯周ポケット)が深くなってしまいます。歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、抜歯を余儀なくされることもあります。

歯周病の治療

1ブラッシング指導

歯周病治療の第一歩は、正しいブラッシングによるプラークコントロールから始まります。

正しいブラッシングのやり方を身に付けていただくことで、歯周病の治療、予防につながります。

 

 

 

 

2スケーリング(歯石除去)

スケーリングとは歯から歯石を除去することをいいます。

歯石は歯に根強く付着しており、強い病原性も持っています。歯石は一度除去してもしばらく経つと再形成されますので

定期的に除去していくことが必要です。

一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使い取り除きます。

 

 

 

 

3フラップオペレーション

フラップオペレーションとは外科的な治療のことであり、重度の歯周病になり、スケーリングだけで歯石除去を行う事が不可能な場合などに行い、歯肉を切開して、歯根を露出させ歯石を取り除きます。

最低でも半年に一度は定期検診を受け、重度の歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月に一度くらいの頻度で定期検診を受診することをおすすめします。

進行した場合は、骨の再生や、歯周組織の再生を行います。

歯周病の予防法

歯周病の多くは、日常の歯磨きや定期検診の受診により、原因であるプラークや歯石を除去することで、予防することができます。

口腔外科

口腔外科とは

口腔(口のなか)、顎(あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる疾患を扱う診療科のことです。当院の口腔外科治療は、親知らずの抜歯が主です。

親知らずの治療を、負担なく慎重に行います

親知らずは、第三大臼歯が正式な名称で、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も奥に生える歯です。前歯から奥に向かって数えて8番目の位置に、20才前後の時に生えます。遅く生えるので「親知らず」という名前で呼ばれています。

現代では、顎の骨が小さくなる傾向にあり、親知らずが正常に生えるスペースがない方が多いため、噛み合わせを崩してしまう原因にもなっています。

一番奥という位置に加え、さまざまな生え方があり、細心の注意をもった診断と、高い抜歯技術の両方が必要です。

当院では、さまざまなリスクを想定し、細心の注意を払い、丁寧かつ確実な治療を心がけています。

親知らずの近くには下歯槽神経、舌神経という神経があります。抜歯するときに、それらの神経を傷つけると、神経麻痺がおきる危険性があります。そういう場合は矯正等で、まず、歯を浮かせて神経管が遠ざかったときに抜きます。時間をかけて負担がないようにするのが当院のやり方です。多少時間がかかりますが、リスクを回避し、真摯に対応しております。