小児歯科

声かけを大切にし、無理強いすることなく臨機応変に治療します

当クリニックでは、お子さまの虫歯や歯ならびなどに不安をお持ちの保護者の皆様と一緒に、乳歯時期からお口の健康のサポートに努めていきます。

一般歯科と同じく、小児歯科として、子どもの虫歯予防・虫歯治療、歯ならびの治療そして歯周病の予防と治療などを行っています。受ける治療の大半は、一般歯科と同じと考えていただいてよいと思います。

2,3歳から虫歯治療をします。小さいころは、お母さんのひざに乗せ手を握ってもらって、お母さんに了解を得ながら治療します。怖がる場合もありますが、「がんばっているね、強いね」などとほめながら、治療を進めます。

小さいうちは、応急的な治療をして、小学生になってから麻酔をしての治療など、段階的に進めるよう心がけています。また、虫歯治療も、小さなお子さまにタービンを使うと危ないので、時間はかかりますが、ハンドで丁寧に取り除きます。お子さんは長い間じっとすることは厳しいので、少しずつ治療していくなど、臨機応変に対応しています。

お子さまにも院長が丁寧にブラッシング指導いたします

お子さまにも、お母様お父様にも、やさしくわかりやすく説明するよう心がけています。押さえつけて、無理やりがんじがらめにするということはしません。小児歯科の治療が終ったら、歯磨き指導、フッ素塗布、定期健診を行っていきます。